哀と欲望の日々 - Mami's blog.

まぢかるRabbit工房主宰・土野魔魅が適当に書き散らかす実験場。 (ココログより移転)

寒すぎるので、防寒具を買い込む(我慢できんかった)。

自宅戻ればストックがあるんだけどね、この手の保温タイツ。今夜から明日にかけてが一番寒くなるっぽいのと、今日の帰りの時点で既に足回りがかなり辛かったので。

買ったのはグンゼの BODYWARMシリーズ 吸湿発熱紳士用。。そこそこ暖かく、薄手で汗をかいても蒸れないのがポイント。

これ自体は今回初購入でまだ試していませんが、同系統のものは昨年自転車用に複数購入しています。メーカー的にはグンゼのほかワコールのBROSでも同じようなものがありますね。最初BROSしかなくてそちらを買っていたのだけど、BROSが3,000円台、グンゼが1,000円台とくれば…。まぁモノ的にはBROSのほうが良いっぽい…かな?グンゼで必要十分と思ってますが。

昨年購入品での着心地ですが、まずロードバイクでの使用に耐えます。薄手なので足の動きを邪魔しませんし、運動して暑くなってもそのまま穿いていて苦になりません(暑いですが)。そして、スポーツ用途に使用できる程度なので普段の生活にはまったく支障ないです。洗濯は念のためネットに入れてました。

薄手で良いところは他にもあって、旅行の荷物で邪魔になりません。丸めて詰めればボクサーパンツ並になります。また、2枚程度なら重ねばきしても大丈夫です。

難点としては、まあ仕方ないのですが足だけの構造ではなく尻まで穿くタイツなので、ズボン脱がないと着脱ぎできません。ただちゃんと男性向けで前あきだし、前述のとおり暑いのさえ我慢すれば穿いていてもさほど支障はないので。しかし今の職場、今年の気温ですら窓開けないと暑いんだよな(サーバーの熱で)…。あそこだとどうかなー…。

暖かさという点では、たぶん気温0℃以下の地域には耐えられないかと。2枚重ね+厚手のズボン、で0℃くらいの気温なら実績あり。1枚穿き+厚手のサイクル用ロングパンツ+冬季用オーバーパンツで0~氷点下数度程度の東北をロードで走ったことはあります。ただどちらも、脚は良くても今度は足首から下の感覚がなくなってくるんですよな…。