哀と欲望の日々 - Mami's blog.

まぢかるRabbit工房主宰・土野魔魅が適当に書き散らかす実験場。 (ココログより移転)

DMCGM1S

LIMUX DMC-GM1S とその仲間たち。

今年の1月末日にコンデジ的な立ち位置として、PENTAX Q7と入れ替えでPanasonic LUMIX DMC-GM1Sを購入しましたです。

Q7は安さが魅力だったのですが、レンズを付けるとサイズの割にかさばること、標準ズーム以外にそそるレンズがなかったこと、直線があるものを撮ると、標準レンズの収差(?)が普段思っていた以上に激しいことに気づいてしまったことなどで、急速に愛が冷めたというのが買い替えのきっかけです。ちなみに直線があるものというのは具体的にはサーバーラックのサーバーなんですが。資料写真撮ろうとしたら魚眼レンズかと思うくらい丸まってしまってですね…(汗)

ということで、DMC-GM1Sです。本当はGM5欲しかったのですが、流石に予算が許してはくれませんでした。購入に踏み切ったポイントとしては、

  • ちっこい
  • マイクロフォーサーズ規格 (NANOHA TUBE使うため)
  • ニコンはD5100持ってるからサブカメラは他メーカーにしておこう
  • オリンパスはPL-E2の中古持ってますが、青空を撮った時の色合いがなにか気に入らなかった

…といった具合です。なお、PL-E2の撮る色合いが気に入らないのはボディの特性なのかレンズなのか判断が付かないでいたのですが、PL-E2のレンズをGM1Sにつけて撮影してみたところイイ感じの色合いになったので、たぶんオリンパスの特性とあたしの色覚が合わないんだと思われ。

本体に合い、かつコンパクトに持ち運べるカメラケースがなかなか見つからなかったのですが、最終的にHAKUBAのPIXGEAR ネオプレンカメラジャケット Sサイズ に落ち着きました。対応機種としてはLUMIX GF5/6あたりであり、GM1Sはレンズが沈胴式ということもあって少し大きめなのですが、素材が柔らかいため大きめでも鞄に収めるときに無駄なスペースを取ることもないのでまあ良いかと。この後望遠系レンズ購入したら、この少し大きめが効いてきそうですし。

カメラストラップは鞄の中に放り込むには邪魔であること、カメラ自体がコンパクトで指先だけでも保持できることから、スマートフォン用のカラビナもどきストラップだけを付けています。扱い方はスマートフォンなみになってきました。

RAWで撮影するとカメラ上で現像できなかったり、現像ソフトがMacでは動かなかったり(なのでWin8小型ノートを導入した)、せっかくカメラ独自のWi-FiがあってiPad miniから接続できても、RAWだとiPad側でも現像できなかったりと撮影画像の扱いに少々難がありますが、まぁまぁ良い機体かと。

あと、ついでにHAKUBAのソフトクッションポーチ S を買いましたです。PL-E2に付いていた単焦点レンズ(M.ZUIKO 17mm)とカメラの清掃キットを持ち歩くのに重宝してますです。